CDJでDJソフトを操作しよう!重い機材を持ち込む必要がなくなるよ!!

最近はDJコントローラーも安価になり、コントローラーでDJを始める人が多いと思います。

でも現場ではCDJが置いてあることがほとんどで、普段と勝手が違って戸惑う事があったり。
CDJが設置されているのに、わざわざコントローラーを持ち込んでいたりしませんか?

コントローラーが小型化しているとはいえ、持ち歩くには少々大きく重いですよね。

現場のCDJがコントローラーの代わりになれば、もう重いコントローラーを持ち運ぶ必要はありません!
PioneerのCDJの多くでそんな事が出来ちゃうんです!

 

CDJでDJソフトを操作する方法は以下の2通り

①DVS(Digital Vinyl System)
CDJで特別な信号音のCDやレコードを再生し、対応したオーディオインターフェースを通してDJソフトを操作する方法です。
DVS

 

②HID mode 接続
CDJをMIDIコントローラーとしてPCに接続し、DJソフトを操作する方法です。
左がオーディオインターフェース(Rane SLシリーズなど)を使用した例で、右はサウンドカード搭載ミキサー(DJM-900nexsなど)の例です。
HID

普段DVSで利用されている人には接続方法が違うだけであまりメリットが無いように感じますが、DJソフト側の挙動もDVSモードとHIDモードはちょっとだけ違ったりします。
(※使用するDJソフトによって異なります。)

HIDモード接続を利用したプレイの最大のメリットは「コントローラー感覚でプレイできる」ことです。
今回は「家ではコントローラーを使っているけど、現場にはコントローラーを持ち込まずにコントローラーっぽくプレイしたい」方にはおすすめの方法を紹介します。

現場のCDJがHID modeに対応していれば、以下を持ち込むだけでできちゃいます!
・USBケーブル2本(CDJ接続用)
・USBケーブル1本(オーディオインターフェース用)
・USBハブ (PCにUSBポートがたくさんあれば不要)
・オーディオインターフェース(現場に常設してある、または搭載ミキサーの場合は不要)
・オーディオケーブル (現場に常設してあれば不要)

SLシリーズ等のオーディオインターフェースが置いてあったり、ミキサーがDJM-900nexusだった場合は、USBケーブルを持っていくだけでOKです。
<対応機種の確認>
※Pioneer製のCDJ限定。
なぜなら私がPioneer製のCDJ以外をほとんど触ったことがないから!
と、多くの現場でPioneerのCDJが設置されているからです。

Pioneer DJのサイトにそれっぽい一覧がないかな?と探してみたのですが見つからず。
最近話題のPioneer製DJソフトrekordbox djの対応機種を元に想像してみます。

・CDJ-2000NXS2
・CDJ-2000NXS
・CDJ-2000
・CDJ-900NXS
・CDJ-900
・CDJ-850
・CDJ-350
・CDJ-400
・XDJ-1000
・XDJ-700

rekordbox djの対応機種として記載があるので、上記のプレイヤーであればHID modeが利用できると思います。

※これはrekordbox djの場合なので、お使いのDJソフト(Traktor , Serato DJ , Scratch Live , その他のDJソフト)で対応・非対応が異なりますで、注意が必要です。