家でPCDJ(DVS)をしたい人が購入すべき機材は?




「家で練習するときにいちいちCDを焼くのがめんどくさいからPCDJできるようにしたい」と相談があったので、ある程度機材が揃っている状態でDVSを導入する際に購入すべき機材をリストアップしてみました。

前提

  • CDJを持っている。
  • ミキサーを持っている。
  • なるべく費用を抑えたい。

置き場所の関係や今ある機材をある程度活かすため、DJコントローラーは選択肢から外しています。

インターフェースを購入する

現在利用しているCDJとミキサーをそのまま活かし、DVSを導入するのに一番手っ取り早い方法です。
メリットとして、インターフェースを持ち歩けば、外でも使えます。

rekordbox djを使いたい人

INTERFACE2
rekordbox djとDVSのライセンスも付属していますのでお買い得です。

Serato DJを使いたい人

Rane SL2
Seratoといえば、SLシリーズが有名ですね。他にもSL3、SL4とありますがチャンネル数に応じて高くなります。家で利用する分には2チャンネルのSL2で十分でしょう。

DENON DJ DS1
SL2より安価でサイズも少し小さいです。SL2と差はほとんどないので費用を少しでも抑えたい場合は、こちらがおすすめ。

ミキサーを買い換える

DJソフトに対応しているミキサーに買い換えることでDVSを導入します。
メリットとしては、現在のミキサーを下取りに出すことにより費用を抑える事ができますし、接続もシンプルです。

rekordbox djを使いたい人

DJM-250MK2
rekordbox djとDVSのライセンスも付属していますのでお買い得です。

Serato DJを使いたい人

DJM-S3
価格が少し上がります。
全体的にrekordbox対応製品に比べるとSerato対応製品は高めですね。

今回ピックアップした製品は、あくまでもホームユースです。1つの機材に1台のPCしか接続できません。そのため、クラブで行うようなPCDJの交代などはできません。

クラブなどで利用することを目的として、PCDJの交代に対応するためには1つの機材に2台のPCを接続できる上位機種が必要となりますので、ご注意ください。













シェア・購読いただけると嬉しいです