【バカは最強の法則】に基づいて行動!何もない自分を武器にする方法

はあちゅうサロンに入って2週間。
自己紹介を見ると、サロンに入る必要あるのか?っていうくらいのスキルを持っている人がたくさんいます。

逆に「自分には何もない」と感じている人も多いだろうな~と思うので、同じく「何もない族」の私が、今やっていることを包み隠さず書いておこうと思います。
1か月後、1年後に読んだら、どれだけ変わっているか楽しみ!とか書いておきながら、何も変わっていない可能性もある。(そしたら私ブレないな~wって笑うつもり。)

「何者でもない自分がはあちゅうサロンに入って、何もできなかったらどうしよう」と悩んでいる人がいたら、まずは一緒に悩みましょう!行動はそれからだ!!

とりあえず勢いだけではあちゅうサロンに飛び込んでみた

私は「はあちゅうサロンに入ってコレがやりたい!」という明確な目標があってサロンに入った訳ではありません。
とりあえず不自由なく生活できていて、会社員を辞めるつもりもありません。起業なんてもってのほか、自分に起業するスキルなんて持ち合わせていないと思っています。

そんな「不自由もないけど、特技・特徴もない、なんにもない私」がはあちゅうサロンに入った理由は、おもしろそうだったから。
自分を変えるきっかけを探していた、というのもあります。

なんで明確な理由がないのに、行動しちゃうのか。
それは・・・
バカだから!!!!!

えへ。
とりあえず手を挙げてみて、できるかどうかはそれから考える。

なんでバカになれたのか。バカは最強の法則とは?

年末に堀江貴文さんの【バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方】を読んで、今年はバカになってみよう!と行動しています。最近は自分のバカに磨きがかかってきた気がしています。

 

三振を恐れずに打席に立つ!(野球、やったことないけどw)
という気持ちで、とりあえずなんでも挑戦してみることにしています。

やってみたけど楽しくなかったら「や~めた!」でいい。
もちろん、相手にはごめんなさい!私には合わなかった!と言って謝りますが。
自分がもし相手の立場なら「そっか~。残念。じゃ、またね!」くらいじゃないですか?

オンラインサロンにお金を払って参加しているのですよね?
わざわざお金を払っているのに、楽しくないことをやる必要がありますか?

さすがに労働の対価として給料をもらっている会社員の仕事だとこうはいかないですけど、プライベートでやることなんて楽しそうだと思ったらとりあえずやってみて、楽しくなかったら無理して続ける必要はないと思っています。

ギブ&ギブ、おまけにギブ

堀江貴文さんの本に書いてある一節です。


(引用元:バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方)

 

自分には大した能力もなく、ギブするものなんて何もない…と思っている人、いませんか?
本当にそうなのでしょうか?

「何もない族」代表の私がサロンにギブしているのは、名簿の入力です。(って、胸を張って言っていますけど、字面だけ見ると大したことやっていないように見えますよね。)

はあちゅうサロンでは、人事局で名簿の管理を行っています。
これは、サロンに新しく人が入ってくると必ず発生する作業です。
新しい人が入ってきたら自己紹介に書かれている内容を名簿にコピペする。それだけ。パソコンと、隙間時間さえあれば作業ができる。

こんな些細なことでもいい。これで、サロンにギブすることができるのです。たったこれだけで。簡単な作業ですが、すごく感謝されます。こそばゆいくらいに。

もしやり方がわからなければ、手伝いたいからやり方を教えて!と発言すれば、みんなこぞってやり方を教えてくれます。
雑用を手伝うだけでも、ギブになる。
どんな些細なことでも、ギブになる。

 

もしはあちゅうサロンに入ってみた(もしくはこれから入る)けど、何がしたいかわからない、自分に何ができるかわからない、という人がいたらとりあえず人事局に入ってみて、名簿入力を手伝うのがおすすめです!(スカウト&宣伝)

パソコンを持っていないから名簿の入力は難しい、という人はサロン内のスレッド(話題)の一覧を作ってみてはどうでしょうか?FacebookのURLをコピペするだけ。
情報がどんどん流れて行ってしまうFBのスレッドの一覧があったら、めちゃくちゃうれしい。サロンの中の、はあちゅうさんの発言だけをまとめたもの、とかあってもうれしい。

 

Twitterの中でサロンに対しての疑問を呟いている人を探して、答えを教えてあげるのもいいかも。自分じゃ答えを見つけられなければ、とりあえず人事局に「こんなことで悩んでいる人がいます!」って教えてください。それだけでも本当にありがたい。これだけ情報量が多く、流れも早いと見逃していることもあるから。

0から1を生み出す作業は難しいけれど、数ある1をまとめる作業は誰にでもできる。みんな、こんなまとめ欲しいな~って思っているけど、言い出さないものなのですよね。みんなやりたいことがあるから、雑用は後回しになりがち。でも、何もできないと思っている人には雑用はチャンスだと思います。すっごいギブ。

自分に何もないっていう人、本当に何もないか、もう一度見直してみてください。何か手伝えることありますかー?って周りに声をかけてみてください。少なくとも人事局、名簿チームはめちゃくちゃ手伝えること、ありますよ!(スカウト&宣伝再び。)

 

何もない人だけが、できることがある

実は、「何もないこと」が最大の武器になる場合があります。

それは、体験記の発信をすること。

〇〇へ行ってみた
〇〇をやってみた
系の情報って、実はすごくみんな欲しがっているのですよね。

その中でも、ゼロからのスタートで〇〇をやってみた!は、これから始める人にとってはすごく役に立つ情報。
しかも、ゼロからスタートする人じゃないと発信できないのです。

 

その道のプロが、過程を語る情報も参考になるのですが、実際はそれを見てゼロからスタートしてみた!という情報の方が、これから始める人には役に立ちます。自分により近い状態の情報のほうが、参考にしやすいから。具体的に言うと、

脚からみるみるやせる2週間レシピ

「自分を変える」には2週間しかいらない

 

こういう本を「2週間本当に実践してみて、どう変わったか」を発信する。
ゼロからスタートした人が2週間でどう変わったか、本当に変わったのか、知りたくないですか???

「何もない」ことは十分生かすことができます!
「既にある」人にはできないことができる。これだけでも強みになると思っています。

 

「何もない私」が人事局の副局長に立候補した意味

私ははあちゅうサロンの人事局に所属し、副局長に立候補しました。

局長の麻子さんはTHE・スーパーウーマン☆だし、副局長のあさみさんもTwitterのフォロワー数がすっごく多い人で、るってぃさん(これまたTwitterのフォロワー数がたくさんいるすごい人)のTwitter講座で「ナースあさみさん!」って呼ばれていたくらいの、有名人から名前を呼ばれている有名人なんですよ。すごいですよね。

こういう人達がたくさんいるサロンで、あえて「何もない私」が人事局の副局長に立候補した意味。
何もなくても、これから行動することで、何かを作っていける(かもしれない)ことを体現してみようかなと。
これも、ゼロからのスタートです。

何もないって思っている人がいたら、何もないってことを武器にして一緒に行動していきましょう!気になったらメッセージください!!