ZenFone Goレビュー【カメラ編】ごはんやペットの写真はキレイに撮れる?

引き続きZenFone Goのレビューです。

今回はカメラ編。

個人的にスマートフォンで一番気になる性能が「カメラ」です。

カメラについてはド素人で、細かい設定はよくわかりません。 (ISOとか…)

なるべくオートで撮って、その場で簡単にSNSに投稿したい。

よくSNSに載せる「ごはんの写真」と「ペットの写真」を使って、 2万円前後のスマートフォンのカメラがどれくらいの性能かを試してみたいと思います。

※今回掲載する写真は、すべてオートで撮影しています。
ブログ掲載用にリサイズしていますが、画像の加工は行っておりません。

 

ごはんの写真は美味しそうに撮れるのか?

まずはSNSの醍醐味、ごはんの写真です。
せっかく美味しいものを食べるのなら、SNSに美味しそうな写真をあげて飯テロしたいです。

照明が暗めのバーで飲んだ、キウイフルーツのスパークリングカクテル。

お店の照明は暗かったはずなのですが、写真は明るめ。
そして写真の色が白っぽいですね。実物はもう少し濃い色をしていました。

同じく照明が暗めのバー(カクテルの写真と同じお店)で食べた、ワタリガニのクリームパスタ。

今度は全体的に赤みが強い感じがしますが、こちらは実物の色と近いです。

ただ、カニの甲羅の質感がつぶれてしまい、出せていません。もっとごつごつした感じの甲羅でしたが、写真ではオレンジ一色、になってしまっていますね。

アボカドと生ハムのパンケーキ。
店全体の照明は明るめでしたが、席は照明の影になってしまい暗めでした。

写真が少しくらいものの、実物の色とは違いはない感じ。
生ハムのツヤも、クリームチーズのマットな感じも出ていると思います。

instagramなどにアップするにはまったく問題ないですね。
(フィルターかけちゃいますし。)

 

ペットの写真はどれくらい撮れるのか?

我が家のお猫様その1。

実物より薄い(淡い)色合いにうつっています。実物はもっと茶色です。(instagram見てください。)
細かい毛の質感はつぶれがち。

お猫様その2。

やはり白飛びは避けられず。
ZenFone Goに限らず、白っぽい部分の質感は写真に収めるのが難しいですね。

でも瞳の色や毛の色は良く出せていると思います。

結論:飯テロも猫テロもSNSレベルなら全く問題なし!

やはりオートのみの撮影だと限界があります。
ハイエンド機での撮影に比べ、見劣りする部分は多いです。

ですが、「SNSに載せる写真を撮る」という目的であれば十分キレイに撮れると思います。

また、今回はオートのみで撮影しましたが、細かい設定をすることでもっとキレイに撮れそうですので、これを機に勉強してどれだけキレイな写真が撮れるか、に挑戦したいと思います!

あと、ZenFone Goのシャッター音はZenFone 2、ZenFone Zoomと比べると小さめな気がしました。
こちらも後日動画で検証したいと思います。

 

–次回予告

「スマホレビュー【カメラ編】ZenFone Go以外に5機種で同じ写真を撮影してみた!」